閉じる
高橋信次先生講演
Lecture

神理と科学(1)

中国の玄奘三蔵が、大般若経の中からそのエキスを抽出し『般若心経』という小さく纏めた経典があります。その般若心経の解説を通して、過去においての仏教というものが、現代の物理学でも解けるということを、今日はもっと突っ込んで説明したいと思います。

 

私たちはややもすると、仏教と科学とは全然違ったものだと思っております。また宗教家たちは自然科学というものに対する研究がおろそかなために、仏教の真実の心を解くことなく、宗教と科学は全く別なものであるがごとく説いて間違いを犯しているのであります。

過去におけるところの哲学者と称する人たちのほとんど100パーセントが、自然科学を根本として説いておりますが、仏教でもハッキリと〝色心不二〟という表現をつかってこれを説いているのであります。

アリストテレスにしても、ソクラテスにしても、ターレスにしても、あるいはハーバード・スペンサーにしてもそれぞれの角度から神理というものは不変的なものであって、観念的なものではないとしています。

特に日本の場合の宗教は、外国から輸入されたものが非常に多いために、いつの間にか難しい哲学的に書かれたものを拝むことが信仰だというように変わってきました。

 

「摩訶般若波羅蜜多心経」という言葉があります。このマカとは、マハーと呼ばれている古代インドの言葉で、意味は、特別とか、偉大とかいうことであります。ゴーダマ・シッタルダーを育てた母親はマハー・パジャパティーと呼ばれております。中国の天台智顗の説いた一つの理論体系の中に「摩訶止観」という言葉があります。これにもマハーの摩訶が入っております。偉大ということです。止観というのは止まって観る。則ち自分自身の思ったことや行為、また生活、実践の中から生じた黒い想念を反省して、神の光によって自分の心を美しくする。これを具体的に著したのが法華経の根本になっている摩訶止観であります。

「摩訶般若波羅蜜多心経」はインドのゴーダマ・シッタルダーの時代は、パラミターストラーと言っています。 皆さんは氷をご存知でしょう。氷というものはほとんど水の中に沈んでおります。〝氷山の一角〟というように水面に出ているのはわずか10パーセントです。90パーセントは水の中に潜在しています。10パーセントが表面に出ております。

皆さん自身が人生行路に両親の縁によって頂いた肉体というものは、あくまでもこの地上界という場に適応して地上界の万生万物、相互の作用によって肉体保存が出来るのであります。しかし皆さんの魂は、その肉体という舟に乗ってしまいますと、意識は10パーセントしか表面に出ていないのです。それが逆にあの世に帰りますと、この10パーセントは潜在してしまい、90パーセントが表面に出て参ります。そのために実在界(あの世)に帰ってしまうと修行が出来なくなります。

なぜならば、皆さん自身、自分の心がオープンになって、みな相手にわかってしまうからです。

 

「私は今このように思いました。」「私は今このように考えています。」ということが、まったく噓をつくことが出来ず表面に出ているのです。こんな状態で皆さんは修行ができますか?自分自身したことを、思ったことを、後ろの方に全部がコンタクトされて、思っていることの総てが後ろに出されたら、皆さんはオープンで歩けますか?あの世はそのような世界です。思ったことが即座に出てまいります。

それだけに神の光というものは万生万物、太陽の光のようにまったく地位や名誉に関係なく、平等に、愛と慈悲の光は与えられております。しかし、それは人の心と比例したものが与えられます。それゆえに私たちの心というものが総て基準なのです。

この地上界に出てくると、今何がないといっても自由です。ところが、今ここに一つの新しい計器を持ってきて、その人たちの思っていることがパチパチとここへ出てきたら、皆さんはどのようになるでしょう。修行など出来ません。見えないからこそ修行が出来るのです。

 

しかし、心の窓が開いてしまうとそれがわかってしまいます。なぜならば、我々は肉体という舟に乗ってしまうと、90パーセントは潜在意識になって、表面に出ている10パーセント、つまり目や耳やあるいは五官を通して人生生活を送り、その中で間違いであるか、正しいものであるかを、自らの環境を通して判断しなければならないのです。ところが、潜在している90パーセントの中には、皆さんの何億年、何兆億年も転生輪廻をしてきたところの偉大なる智慧が、偉大なる皆さんの体験記録が記憶されているので、その是非がおのずとわかってくるということです。これをパラミターといいます。その心の教えが、即ちパラミター(波羅蜜多)心経であります。

それゆえに内在するところの、我々の90パーセントのテープ・レコーダーをひもとけば、私たちは何億万年前にこういうことをした、ああいうことをした。そして今、肉体を持ってこのような生活をしているということが誰にもわかるのです。

 

(次号へ続く)

高橋信次先生ご講演DVD 注文書

高橋信次先生のご講演DVDを販売いたしております。
「詳細はこちら」のボタンよりPDFを開いて頂き、
必要事項を記入の上FAXにて送信下さい。

高橋信次先生ご講演CD 注文書

高橋信次先生を関西本部に御招待した1971年10月の初回講演からの関西本部でのご講演をCD集として今後まとめてまいります。
「詳細はこちら」のボタンよりPDFを開いて頂き、必要事項を記入の上FAXにて送信下さい。